MENU

宿便って気になりませんか?普通の人でも常に腸内に3kg?5kgの宿便を持っていると言われています。日常に排便されるものとは別にですよ!宿便が腸内にとどまっているのは食べ物が分解されずにそのまま腸内に残ってしまう現象です。

 

 

 

食べた物を胃や腸で消化・分解するために重要な働きをするのが酵素。酵素が不足することで宿便が溜まっていくのです。宿便は腸内に巣くう悪玉菌のえさとなります。悪玉菌は大腸菌など人体に有害な菌。体臭や口臭のもとになる有毒ガスを発生する字のとおりホントに悪玉な厄介なものです。

 

 

 

悪玉菌を撃退するには悪玉菌の住環境を整えなければいいわけですから、宿便をきちんと取り除いてあげればいいのですね。そしてこの宿便や腸内に分解されずに滞留している消化されない食べ物は毒素となってしまいます。栄養として吸収されないばかりか、内臓に溜まる脂肪になってしまうもの。

 

 

 

そして血液中に毒素が充満してしまい体調不良になったり、命をも脅かす疾病のもとになってしまいます。ドロドロ血液っていうのもこの状態なのでしょう。きちんと腸内で食べ物が分解されれば栄養素となることを考えれば、血液中まで毒素を持つことになるよりこの消化・分解の行程は侮れません。

 

 

 

ということはやはりしっかり酵素を補って常に酵素の働きがパーフェクトであれば体の調子を整えて、いつも爽快にすっきりと日々を送れるわけですね。毒素を追い出すというより毒素を溜めないためには、酵素を意識的に摂り入れて、宿便を分解して排出を促す事が一番肝心です。